物語TV取材

  • Kassociatesinternational__2

  • " href=" http://monogatari-tv.jp/ch/nadeshiko/ka-international/">★物語TV取材★
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

★好きな映画★

  • 『リトル ダンサー』
    これも愛の物語。親子と兄弟、家族、師弟。最後のお父さんの表情が泣ける。最低でも4回泣いてしまうシーンがある。
  • 『ゴッド ファーザー』全パート
    愛・家族を守ろうと思うのに、危険におとしめてしまう悲しい人生。哀愁と悲哀と、、、これは愛の物語ですよね。
  • 『ザ サウンド オブ ミュージック』
    家族で最初に見たミュージカル映画。最初にサウンドトラック レコードを自分のお小遣いで買った思い出の映画。

Ken-chan

  • Maturi
    甥のKen-chan

セミナー・シンポジウム・学会等

2017年7月 9日 (日)

Global Summit of Women2017-7

Global Summit of Womenに参加して良かったのは、気仙沼の及川デニムさん他、これからもお付き合いできそうな方々と数人お知り合いになれたことです。
及川デニムさんは、ブースをだして、商品を販売してました。私は、このバッグを購入しました。
このバックは、大きくて、たくさん入って丈夫という機能性だけでなく、ところどころトリミングされているのは、気仙沼の大漁旗を使って、デザイン的にも華やかなポイントを付加しています。さらに、震災時、津波に流されてドロドロになった大漁旗を丁寧に洗って、部分的に取り入れています。この大漁旗は、津波を生きた福が来る旗、「福来旗(ふらいき)」と呼ばれています。この商品の売り上げの一部は、気仙沼の漁協、及び子供たちの為に寄付されます。

18486183_1479985292064162_205272589


Global Summit of Women2017-6

Global Summit of Women閉会いたしました。今回参加したのは、参加すること自体が目的ではなく、このようなイベントにどのような方々が参加するのか、内容はどうなのか、運営はどのようにされているかなどの、研究目的でした。
ヴエブレンがいう消費の原動力を再認識しました。
2日目のホテルの着席のディナーでは、開演時間になっても、席が無くて、座れない人が100人くらいか、それ以上いて、騒然となりました。空いている席がどこにあるのか、誘導する人もなく、また、他の人の為に、席をとっている人もいて、それらを調整してもさらに足りなく、各テーブルに椅子を増やすという突貫対応がされました。
そして、最終日のディナーは、椅子は最初から十分用意されていたようですが、最初のオードブルが運ばれた際に、ウエーターが「テーブルには11人様が着席されていますが、料理は、8人分しかないので、シェアーしてください」「は~、なんですか、それ」しかも、個別にウエーターが各テーブルの日本人にのみ日本語で言っているだけというのもおかしな話。
「主催者にアナウンスをお願いしているのにしてくれない」とのこと。主催者がお詫びと共に、アナウンスすべきではと、主催者代表に、お伝えに行きましたが、「それは、あたしの担当でないので、Aさんに言って」Aさんの隣にすわっているのに。
Aさんは、「もう、皆、同時通訳のイヤホンを持っていないので、言っても無駄」とか。私と同じテーブルの大学の先生が、Aさんに、丁寧に状況を説明し、説得され、やっと、アナウンスをしました。しかし、お詫びの言葉というようより、”足りないので、家族のように仲良くシェアーしてください。もっとコミュニケションが深まる”というような内容でした。
1300人の参加者なのに、ホテルサイドには、料理は1050人分しか発注してなかったそうです。

18424181_1479999222062769_417266778

18446953_1479999408729417_375732007










18447363_1479999478729410_546139924

18486414_1479999528729405_484351907












18423868_1479999565396068_825393551


Global Summit of Women2017-5

GSW dinner 親子共演で盛り上がってます!

18403970_1478592732203418_135822016



Img_1473k_2

Img_1474k











Img_1482k


















Img_1484k


Global Summit of Women2017-4

GSW。たくさん電話がかかってきてしまい、午後のセッションは参加できず。ホテルのカフェで、原稿の校正、入稿もろもろ作業中。ほうじ茶テイストのチョコが意外に美味しかった!

18422804_1478422772220414_419147956


Global Summit of Women2017-3

5月12日 GSW ランチョン プログラム

972248_1478307205565304_81337664328

18424042_1478307218898636_865266871

18403107_1478307255565299_260128667

18403326_1478312945564730_311048916









18342594_1478312962231395_175977198










2017年7月 1日 (土)

5年前の思い出ー母校の群馬県立館林女子高校の開校95周年記念式典で講演いたしました

5年前、母校の群馬県立館林女子高校の開校95周年記念式典で、「人生は夢の学校」と題し、若い方にエールを送る内容の講演をさせていただきました。題字は、書道部の方が書いてくれて、スクリーンも、白い布を縫って、生徒たちがこの日の為に作ってくれたと聞いて大変感銘を受けたとともに、学校にある人的資源の大きさを実感致しました。そして、この写真は、写真部の方が撮ってくれました。
今年は開校100周年です。もろもろ記念事業が予定されています。

546278_341182185944484_1282173156_n



2017年2月15日 (水)

TWC例会@渋谷エクセルホテル東急-5人の女性大使による講演

2月13日TWC 例会。女性大使5人による講演。皆さん素晴らしい!
現在駐日大使中、女性大使は20名とのこと。

16664998_1386343944761631_753415597

16708270_1386341431428549_872758642

16711507_1386341454761880_681320998

16684390_1386341441428548_824441695

 

16508871_1386341438095215_252236301

続きを読む "TWC例会@渋谷エクセルホテル東急-5人の女性大使による講演" »

2015年1月 7日 (水)

12月19日、タイ王国大使館次席公使シントン・ラーピセートパンさんの講演会@東京大学

Photo

12月19日夕刻、東京大学本郷キャンパスで、学生サークル ちきゅう市民クラブ設立記念講演会、タイ王国大使館次席公使、シントン・ラーピセートパン氏による講演会を開催しました。

Img_1882kラーピセートパンさんのお人柄もあり、大変和やかでアットホームな雰囲気の中、ユーモアあふれる「タイの外交官からみたタイ・日関係」を楽しく伺いました。なかなか、聞けない本音や裏話など、なるほどと思うことも、そうなのかと思うことも多く、大変素晴らしい時間を若い方々と共有できました。公使のお話の隅々に、日本と日本人に対する深い友情や愛も感じられ、嬉しく感動しました。

Img_1889kお風邪気味のところ、ラーピセートパン様には、お寒い中、お忙しい中、お引き受け下さいまして、本当に感謝申し上げます。
私も、準備のため、16:00から東京大学に行ってました。

Img_1902k

Img_1912k

学生サークル代表の松井さん、大変ご苦労さまでした。

Img_1931k

来年4月から、外務省、経済産業省、防衛省などに就職が決まっている法学部の学生さんもご参加され、2次会では、さらに、大盛り上がり!

Cid_25b03f12f74b4ecb97d7b98b6645fcc

2014年6月27日 (金)

ピッコロ・ヴァイオリン レクチャーコンサート@浜松市楽器博物館の報告

06251■6月25日、浜松市楽器博物館で、ピッコロ・ヴァイオリンのレクチャーコンサート 21世紀の新地平が開催されました。

出演:古館由佳子(ピッコロ・ヴァイオリン/ヴァイオリン) ユーリー・コジェヴァートフ(ピアノ) 川島佳子(お話) 司会:嶋和彦館長

1部の最後に、ドヴォルザークの「新世界」からラルゴを演奏したのですが、演奏終了後、ホールからお客様が何かおっしゃいました。

私は、パーテーションの後ろにいたのでよくわからなかったのですが、「とても素晴らしかった」というようなことを仰ってくれたようです。

私も、後ろで聴いていて、息をのむほど本当に素晴らしかったです。

休憩後、2部の冒頭、私がマイクをもって、説明を始めようとした時、「すみません。話の腰を折って、申し訳ないけれど、先ほどのラルゴは、今までの人生で聴いた中で、最高で、ドヴォルザークがこの曲を作ったイメージがそのまま演奏に表れていたので、どうしても、そのことを伝えたくて。本当に素晴らしかった!」と発言されました。

嬉しいですね。でも本当に、間と言い、歌いといい、本当に私も感動するほどの良い演奏でしたし、ピッコロヴァイオリンの音色と音質の美しさが見事に引き出された1曲でした。

ピッコロ・ヴァイオリンの高い音も綺麗ですが、

Img_9483k低い音も十分楽しんで頂けるよう、G線上のアリアやサンサーンスの「白鳥」なども演奏しました。また、日本の曲、映画音楽なども演奏し、館長からたっぷりとお話下さいと言われていたので、休憩15分を挟んでトータルで2時間を超えてしまい、帰りの新幹線に間に合わないのではと、スタッフの皆さんをハラハラさせてしまいました。

Img_9501k即効で後片付けをして、疾風の如く、挨拶もそこそこに、失礼いたしました。何とか最終のひかりに間に合い、無事、帰京いたしました。

Img_9504k




Img_9521k

Img_9511k

Img_9506k

Img_9527k_2

Img_9533k

Img_9532k

Img_9537k

Img_9537k_2

Img_9548k

Img_9551k
浜松駅構内にあるカワイのピアノ。

自由に弾いて良いらしく、会社帰りの方がいきなり弾き出しました。新幹線に間に合った一瞬、ユーリーも記念写真!

2014年5月 4日 (日)

下村満子「生き方塾」第Ⅴ期入塾式」特別公開講座「激論 メディアNow! この国のメディアはこれでいいのか?一体どうなっているのか!?」に参加しました

4月26日、午前中から、私も応援団の一人になっている「下村満子生き方塾第Ⅳ期修了式、第Ⅴ期入塾式」および午後からの特別公開講座「激論 メディアNOW!ーこの国のメディアはこれでいいのか? 一体どうなっているのか!?ー」に参加しました。田原総一郎さんは、朝まで生TV終わって、お休みにならず、そのまま駆けつけてくださったようで、大変お疲れ様でした。
もったいなくて、内容を公開したくないほど、とても、有意義な学びの多い内容でした。
パネリストの人選も良かったと思います。
一番前の真ん中に通されてしまったので、かぶりつきで聴いていました。
http://m-shimomura.com/seminar/index.html

より以前の記事一覧