物語TV取材

  • Kassociatesinternational__2

  • " href=" http://monogatari-tv.jp/ch/nadeshiko/ka-international/">★物語TV取材★
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

★好きな映画★

  • 『リトル ダンサー』
    これも愛の物語。親子と兄弟、家族、師弟。最後のお父さんの表情が泣ける。最低でも4回泣いてしまうシーンがある。
  • 『ゴッド ファーザー』全パート
    愛・家族を守ろうと思うのに、危険におとしめてしまう悲しい人生。哀愁と悲哀と、、、これは愛の物語ですよね。
  • 『ザ サウンド オブ ミュージック』
    家族で最初に見たミュージカル映画。最初にサウンドトラック レコードを自分のお小遣いで買った思い出の映画。

Ken-chan

  • Maturi
    甥のKen-chan

美容・コスメ

2011年7月17日 (日)

グレゴリー・セドフさんの2011年ツアーは無事終了いたしました

ピッコロバイオリン奏者、グレゴリー・セドフさんの2011年ジャパンツアーは、6月30日のロシア大使館でのツアー報告演奏会及びフェアウエル・ティー・レセプションを最後に全て終了しました。翌日早朝、セドフさんは、都内ホテルよりリムジンバスで成田へ、そして、成田より無事、サンクトペテルブルグに戻りました。

今年も多くの皆様に支えられ、18日間で、避難所の慰問等も含め、12公演を行いました。

昨年のツアー報告もまだ終わっていなかったのですが、頑張って、昨年の報告、今年も報告をアップしていきたいと思っております。

現在、セドフさんは、室内楽のユニットでイギリス、フランスをツアーしています。

秋には、サンクトペテルグルブ・フィルハーモニー交響楽団のメンバーとして、来日する予定です。

今後とも宜しくご支援下さいますようお願い申し上げます。

2010年4月 7日 (水)

アラブ大使夫人の会主催のバザー 0404 エジプト

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
にほんブログ村

アラブ大使夫人の会主催のチャリティーバザーが4日、アークヒルズ、カラヤン広場で開催されました。日頃からお付き合いのあるエジプト大使夫人からのご案内で、ちきゅう市民クラブの会長、赤松さん、赤松さんのお友達等と待ち合わせて伺いました。前日の春の宴とはうって変わっての寒い1日となってしまいました。

P4043014

アラブ大使夫人、ダリアさんの手は凍るような冷たさで思わず温めて差し上げました。大使も仲良くおそろいで、寒い中、参加の皆さんを温かい笑顔でおもてなししてくださいました。

P4043012

健ちゃんと夢ちゃんにパピルスのブックマークを買いました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
にほんブログ村

2007年6月22日 (金)

美容院へ

今月は、やたら、髪が伸びるのが早く、1ヶ月経っていないのに、アット言う間に、うっとうしくなってしまいました。睡眠時間が少ないと髪が伸びるのが早いと聞いたことがありますが、実際そのように感じます。

さて、私の担当は、以前の人が辞めてしまってから、その人の推薦で、耳にピアスを2つくらいしていたお兄さんにやってもらっていますが、ふと気がつくと、いつからかピアスはなくなっていました。そんな感じのお兄さんでしたが、はじめて、お願いした頃は、あまりに教科書通りにセットしすぎてしまって、帰りに美容院を出てから、自分で手櫛でちょっとワイルドにしないと自分的に納まりがつかない感じだったのですが、ここ、4ヶ月くらい前から、良い感じに仕上げてくれるようになりました。私の好みやスタイルがわかってくれたのでしょうか。かれこれ、彼にお願いするようになって、2年くらいになります。大使館のパーティーにも奥さんや他の美容師さんと毎回来てくれて、休日に、こどもの福祉施設にボランティアでヘアカットに行く活動などもしているようです。研究熱心で休みの日も練習しているとよく話していました。

私にとって、エステは、考え事をしたり、ウトウトする大事な時間ですが、美容院は、女性誌やファッション誌を読み漁って、情報収集をする大事な時間でもあるので、通常は一心不乱に、「雑誌変えてください。」と、次々に読み漁りますが、その合間やカットの時には、いろいろとお話もします。あちらもいろいろと話しかけてくれます。時には、うっとうしく感じることもありますが、あちらも一生懸命、話しかけようと必死に話題を探っている感じがわかることもあり、親のような気持ちになるので、雑誌を諦めて、どっぷりお話しをすることもあります。学生や留学生と話す機会はありますが、また、このように様々な若い人と話しをすると、彼等それぞれの考え方やどんなことに関心があるかなど、いろいろとわかって、大変参考にもなります。時には、相談にのってしまうようなこともあります。