物語TV取材

  • Kassociatesinternational__2

  • " href=" http://monogatari-tv.jp/ch/nadeshiko/ka-international/">★物語TV取材★
2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

★好きな映画★

  • 『リトル ダンサー』
    これも愛の物語。親子と兄弟、家族、師弟。最後のお父さんの表情が泣ける。最低でも4回泣いてしまうシーンがある。
  • 『ゴッド ファーザー』全パート
    愛・家族を守ろうと思うのに、危険におとしめてしまう悲しい人生。哀愁と悲哀と、、、これは愛の物語ですよね。
  • 『ザ サウンド オブ ミュージック』
    家族で最初に見たミュージカル映画。最初にサウンドトラック レコードを自分のお小遣いで買った思い出の映画。

Ken-chan

  • Maturi
    甥のKen-chan

« 12月11日、ロシア文化フェスティバル モスフィルム創立90周年映画祭 | トップページ | ミハイロフスキー劇場NY公演、イリーナ・ペレンのインタビュー »

2015年1月 6日 (火)

12月13日、パーヴォ・ヤルヴィー指揮、ドイツ・カンマーフィルハーモニー管弦楽団を聴きに@オペラシティー

Pavok_2

13日午後は、オペラシティーに、パーヴォ・ヤルヴィ指揮、ドイツ・カンマー・フィルハーモニー管弦楽団を聴きに。風邪気味で薬を飲んでいたせいで、急にカクット睡魔が襲ってきて、危ないような気持ち良いような。。。ピアコンも交響曲も3楽章が美しく、交響曲の4楽章は本領発揮のニュアンスに富んだメリハリのあるプロセスからのフィニッシュ。

アンコールのハンガリー舞曲10番と6番は、軽やかで自在のタメと間で、楽しかった。

Img_1865kkggkl
終演後、舞台裏に行くと、パーヴォが「come in 」と控室に呼んでくれました。これというのもピアニスト、ユーリー・コジェバートフの御蔭です。

今日はユーリーはコンサート会場には、来たものの、会場には入らず、パーヴォへの贈り物を預かり、代わりに届けました。

ユーリー、ちゃんとパーヴォに渡しましたよ!

« 12月11日、ロシア文化フェスティバル モスフィルム創立90周年映画祭 | トップページ | ミハイロフスキー劇場NY公演、イリーナ・ペレンのインタビュー »

文化・芸術」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 12月11日、ロシア文化フェスティバル モスフィルム創立90周年映画祭 | トップページ | ミハイロフスキー劇場NY公演、イリーナ・ペレンのインタビュー »