物語TV取材

  • Kassociatesinternational__2

  • " href=" http://monogatari-tv.jp/ch/nadeshiko/ka-international/">★物語TV取材★
2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

★好きな映画★

  • 『リトル ダンサー』
    これも愛の物語。親子と兄弟、家族、師弟。最後のお父さんの表情が泣ける。最低でも4回泣いてしまうシーンがある。
  • 『ゴッド ファーザー』全パート
    愛・家族を守ろうと思うのに、危険におとしめてしまう悲しい人生。哀愁と悲哀と、、、これは愛の物語ですよね。
  • 『ザ サウンド オブ ミュージック』
    家族で最初に見たミュージカル映画。最初にサウンドトラック レコードを自分のお小遣いで買った思い出の映画。

Ken-chan

  • Maturi
    甥のKen-chan

« 瀬川香織・宍戸陽子サックスデュオ演奏会@正田醤油文右衛門ホールIn 館林 | トップページ | イラン大使館主催、伝統音楽コンサートの御案内;入場無料3月23日 »

2012年3月17日 (土)

音楽音響研究会@筑波大学に駆け込み参加しました!

3月16日、午後から筑波大学で開催される音響学会の音楽音響研究会参加する予定で、午前中、役所に提出する書類を作り、さらに、群馬県人会の季刊誌「うぶすな」に掲載する原稿を書いて、メールで提出。時計をにらみながら、なかなか、スケジュール通りと思っていると、急にいくつか新規の仕事の問合せがあり、その対応のため、だんだん出かける時間が遅くなってしまいました。1時に出ようと思ったのが、2時になり、3時になり。。。

研究会の最後のグループの発表は4:10~で40分の発表が2件。その後が懇親会です。

普通だったら、行くの止めようと思うところですが、「絶対に行く」と決めていました。というのは、6月に来日するグレゴリー・セドフさんの演奏会で、今年は、音楽音響研究会の先生にもご協力頂き、レクチャーコンサートを予定しています。先生方とはメールでしかやりとりをしていなかったので、同志社大学の先生や神奈川工科大学の先生と会える機会なので、ここで、ご挨拶をしておきたいと思ったのです。更に、過分にも、6月に研究会で発表をしたらどうかとのお話も頂いていたので、是非参加して、研究会の雰囲気なども参考にさせて頂こうと思ったからです。

ということで、最低限、やらなければならないことを終え、連絡しなければならない所の電話番号のメモをポケットに入れ、大急ぎで筑波に向かいました。

最初、東京駅から筑波大学直通バスで行こうと思いましたが、調べるとつくばエクスプレスの方が早いようなので、秋葉原からこれに乗ることにしました。約1時間なので、イヤホンで音楽を聞きながら寝ることにしました。

3駅前くらに起きると曇ってたせいもあり、周辺の景色も殺風景な感じで、何だか寂しくなってきてしまいました。時間も4:30を過ぎているし、下手すると研究会が終わってしまうかも。でもここまで来たので行くしかない。終点つくばで降り、駅で大学までの行き方を聞くとバスで行かないといけないらしい。バス停で時間を確認すると、10分以上は、バスが来ないことになっています。既に4:45。。。タクシーで行くことにしました。結構遠いんですね。これだったら、大学まで行くバスで来た方が良かったかもとか思いながら、車中、この週末に打ち合わせをする予定で、まだ、連絡が取れていない沖縄の方に電話を入れ、アポの確認などをしていると、やっと会場に到着。大学敷地も広いので、タクシーで来て正解でした。会場の研究棟前につけて頂きました。

0316

最後から二人目の方が終わったところで、最後の方の発表に間に合いました。その日に発表された方々の論文集を拝見すると、見たこともない数式や図。。。こんな方々の会で私が発表していいのだろうか。。。不安がよぎります。最後の方の発表は、「ジャズ音楽における第一印象の調査」こちらは、調査法なので、ややわかりやすい内容でした。

研究会が終了し、先生方に挨拶し、懇親会場へ。この会に参加されている方は、大学の先生、研究者も多いのですが、調律師さんですとか、色んな方が参加されており、結構面白い研究をされている方がいらっしゃいます。知らなかったのですが、調律に関するちゃんとした本も実はあまりなかったとか。また、チェンバロなどの研究をされている先生は、以前、原子力研究所でシミュレーションの研究をされていたそうです。一人の先生が全く違う分野と思われる研究を同じ路線でされているという面白さを発見しました。

ストラディバリウスとガルネリを聞き分けられるかとか、それを機械が聞き分けられるかとか、たまに、知らない分野の研究者の方々のお話を伺うのは大変刺激になりますね。

ということで、遅くまで筑波で盛り上がりました。

« 瀬川香織・宍戸陽子サックスデュオ演奏会@正田醤油文右衛門ホールIn 館林 | トップページ | イラン大使館主催、伝統音楽コンサートの御案内;入場無料3月23日 »

セミナー・シンポジウム・学会等」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 瀬川香織・宍戸陽子サックスデュオ演奏会@正田醤油文右衛門ホールIn 館林 | トップページ | イラン大使館主催、伝統音楽コンサートの御案内;入場無料3月23日 »