物語TV取材

  • Kassociatesinternational__2

  • " href=" http://monogatari-tv.jp/ch/nadeshiko/ka-international/">★物語TV取材★
2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

★好きな映画★

  • 『リトル ダンサー』
    これも愛の物語。親子と兄弟、家族、師弟。最後のお父さんの表情が泣ける。最低でも4回泣いてしまうシーンがある。
  • 『ゴッド ファーザー』全パート
    愛・家族を守ろうと思うのに、危険におとしめてしまう悲しい人生。哀愁と悲哀と、、、これは愛の物語ですよね。
  • 『ザ サウンド オブ ミュージック』
    家族で最初に見たミュージカル映画。最初にサウンドトラック レコードを自分のお小遣いで買った思い出の映画。

Ken-chan

  • Maturi
    甥のKen-chan

« 9月14日 ちきゅう市民クラブ月例会 | トップページ | ロバート・ライカー東京シンフォニア ベートーベン コンサート »

2011年9月19日 (月)

9月15日 古徳景子さんの演奏会@メキシコ大使館にお招き頂きました

0915メキシコのチャパス州立科学芸術大学の准教授、古徳景子さんとパックスパーカッショントリオとの4名のコンサートがメキシコ大使館別館5階で開催されました。

今回もちきゅう市民クラブのメンバーなどにもお声がけし、大勢で伺いました。

古徳さんは、ご出産したばかりとのことでしたが、大変パワフルなのにスマート。今回は、榎本武揚 移民団をテーマに古徳さんが作曲したエスぺランザ(希望の地)では、ソウルフルな歌声も聴かせてくれました。

Dscn3545k
また、ビブラートの利いたメキシコマリンバのちょっとチューニングがズレてるッポイ素朴な音色も良かったですね。

演奏会終了後には、メキシコワインなどがふるまわれました。松本記念音楽迎賓館長、横田さんはじめ、エッフェの納原さん、ロボット工学の梅谷先生ご夫妻などもお見えでした。

Dscn3546参加者や演奏家とお話をしてから、赤坂見附駅周辺で皆で食事をして帰りました。

この食事の席でも、多くの話題で大いに盛り上がりました。文化のパトロンとかそんな話からだったかと思いますが、なぜか大屋政子さんの話になってしまい、私は、結構親しくさせて頂いていたので、知られざる政子ちゃんの思い出を披露することになりました。その内、本でも書きたいほどのネタがあります。

« 9月14日 ちきゅう市民クラブ月例会 | トップページ | ロバート・ライカー東京シンフォニア ベートーベン コンサート »

国際交流・大使館関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 9月14日 ちきゅう市民クラブ月例会 | トップページ | ロバート・ライカー東京シンフォニア ベートーベン コンサート »