物語TV取材

  • Kassociatesinternational__2

  • " href=" http://monogatari-tv.jp/ch/nadeshiko/ka-international/">★物語TV取材★
2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

★好きな映画★

  • 『リトル ダンサー』
    これも愛の物語。親子と兄弟、家族、師弟。最後のお父さんの表情が泣ける。最低でも4回泣いてしまうシーンがある。
  • 『ゴッド ファーザー』全パート
    愛・家族を守ろうと思うのに、危険におとしめてしまう悲しい人生。哀愁と悲哀と、、、これは愛の物語ですよね。
  • 『ザ サウンド オブ ミュージック』
    家族で最初に見たミュージカル映画。最初にサウンドトラック レコードを自分のお小遣いで買った思い出の映画。

Ken-chan

  • Maturi
    甥のKen-chan

« レニングラード国立バレエ(ミハイロフスキー劇場)ロミオとジュリエット鑑賞 | トップページ | ロバート・ライカー指揮東京シンフォニア「シベリウス」鑑賞 »

2010年12月21日 (火)

ロシア文化フェスティバル2010クロージング パーティー@東京文化会館

■レニングラーPc074519kドバレエ終演後に、ロシア文化フェスティバル関係者及び出演者を囲んでのクロージングパーティーがありました。

ナルイシキン長官の挨拶。

栗原小巻さんの挨拶。お二人とも、私と近い席で、バレエをPc074520kご鑑賞されておりましたが、小巻さんが、女優の前にバレリーナを目指していたというのは、この日初めて知りました。

私が主催しましたグレゴリー・セドフさんのコンサートも今年のロシア文化フェスティバルの公式事業にノミネートして頂きました。そのような関係もあり、このクロージング・パーティーの招待枠を数名頂きましたので、セドフさんのコンサートの関係者、お世話になった方々をご案内させて頂きました。

皇后陛下美智子様がセドフさんのコンサートにお出ましくださった際のお写真をお持ちして、この機に長官はじめ、お世話になったロシア文化フェスティバル役員の方々にお見せすればよかったのに、と同行の方に言われ、「そうだ!」と思ったものの、よりによって、この日に写真を持っていなかったのは大失敗でした。 既に、セドフさんの来年のツアーもロシア文化フェスティバルの公式事業に選んで頂きましたので、写真があったら、本当に良かったのに。。。あー、いつもいざという時に抜けています。。。

ロミオとジュリエットの出演者もパーティーに参加されており、パリス役のマラト・シュミウノフさんとお話する機会がありました。と言っても、衣装もお化粧もなしなので、実はどなたがどの役のダンサーだったのか、全くわからなかったのですが、イクシビションのご案内を頂きましたので、「あ。マラトさん!」とわかりました。

また、パーティーでピアノを演奏してくださったピアニスト、セルゲイ・マルコロフさんともお話をさせて頂きました。パリ在住だそうで、彼が私に言ったジョークは、「パリと若い女性の違いがわかるか。」「えーっと。。。」「パリはいつでも、いつまで経ってもパリ。でも若い女性は、いつまでも若い訳じゃない。」と自分で言って、私の体を腕でつつきながら大うけしてました。

Pc0745212k

お帰りになる直前で、申し訳なかったのですが、小巻さんと写真を撮らせていただきました。去年のクロージングの際もお願いいたしました。本当に素敵な方です。

« レニングラード国立バレエ(ミハイロフスキー劇場)ロミオとジュリエット鑑賞 | トップページ | ロバート・ライカー指揮東京シンフォニア「シベリウス」鑑賞 »

文化・芸術」カテゴリの記事

パーティー・レセプション」カテゴリの記事

仕事がらみ」カテゴリの記事

国際交流・大使館関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« レニングラード国立バレエ(ミハイロフスキー劇場)ロミオとジュリエット鑑賞 | トップページ | ロバート・ライカー指揮東京シンフォニア「シベリウス」鑑賞 »