物語TV取材

  • Kassociatesinternational__2

  • " href=" http://monogatari-tv.jp/ch/nadeshiko/ka-international/">★物語TV取材★
2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

★好きな映画★

  • 『リトル ダンサー』
    これも愛の物語。親子と兄弟、家族、師弟。最後のお父さんの表情が泣ける。最低でも4回泣いてしまうシーンがある。
  • 『ゴッド ファーザー』全パート
    愛・家族を守ろうと思うのに、危険におとしめてしまう悲しい人生。哀愁と悲哀と、、、これは愛の物語ですよね。
  • 『ザ サウンド オブ ミュージック』
    家族で最初に見たミュージカル映画。最初にサウンドトラック レコードを自分のお小遣いで買った思い出の映画。

Ken-chan

  • Maturi
    甥のKen-chan

« 「サウジアラビア大使夫人の講演会とパーティー@大使館」の報告 | トップページ | レニングラード国立バレエ(ミハイロフスキー劇場)ロミオとジュリエット鑑賞 »

2010年12月21日 (火)

イラン伝統競技〝ズールハーネ〟鑑賞

Pc044494k■12月6日、文京区シビックホールにおいて、イラン大使館の主催で、イラン伝統競技〝ズールハーネ〝 が開催されました。

今回は、イラン大使館より、ちきゅう市民クラブのご招待枠を頂きましたので、早めに行って、来賓者席の後ろの真ん中2列を確保頂きました。

サへル・ローズさんの司会で幕を開け、イラン・イスラム共和国の国家斉唱に続き、セイエッド・アッバス・アラグチ イラン・イスラム共和国大使の挨拶です。大使もこのズールハーネ日本初公演を大変嬉しそうにご紹介下さいました。外務省徳永久志大臣政務官のスピーチ、国際ズールハーネ連盟会長 モフセン・メフラリザーデ氏のスピーチ、(国際連盟があるということは、イラン以外でも行われているようです)、松浪健四郎元文部科学副大臣によるズールハーネの説明と続きました。流石に、レスリングを中心にスポーツで博士課程を修め、アフガニスタンのカブール大学の教壇にも立っていただけあり、松浪先生は、最古の歴史あるイランの武士道にも触れ、精神的な芸術でもあるズールハーネの奥深さを教えてくれました。ズルは力、ハネは家を意味するそうです。

Pc044496k

19:30、いよいよ、ズールハーネ上演の前の「イラン騎士道音楽」が始まりました。音楽1:神の御名において、音楽2:勇気の家

Pc044501k

Pc044509k

真の勇者とは、どういうものか。弱いものを助け、おごらず、、、、そのような説明もされます。そして、危険も伴うような重たいこん棒を軽々とジャグリングのように高く上げ、回します。何十キロもの重たい鉄Pc044511k_2の板を持ちあげたりもします。そして、その演技に入る前には、必ず祈りの言葉を唱えます。そうして、限界に挑戦する。そういう精神的な競技です。

Pc044508k_2 体操とレスリングと重量挙げとジャグリングをミックスしたような競技で、ダフという大きなタンバリンのような打楽器のリズムと歌が、挑戦者の気持ちを鼓舞します。

初めて見るズールハーネに観客の皆さんは、手に汗握り、ハラハラ、ドキドキ。危険な競技に挑む競技者の成功を祈りながら、会場も舞台も熱気につつまれました。

Pc044516k

 

« 「サウジアラビア大使夫人の講演会とパーティー@大使館」の報告 | トップページ | レニングラード国立バレエ(ミハイロフスキー劇場)ロミオとジュリエット鑑賞 »

国際交流・大使館関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「サウジアラビア大使夫人の講演会とパーティー@大使館」の報告 | トップページ | レニングラード国立バレエ(ミハイロフスキー劇場)ロミオとジュリエット鑑賞 »