物語TV取材

  • Kassociatesinternational__2

  • " href=" http://monogatari-tv.jp/ch/nadeshiko/ka-international/">★物語TV取材★
2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

★好きな映画★

  • 『リトル ダンサー』
    これも愛の物語。親子と兄弟、家族、師弟。最後のお父さんの表情が泣ける。最低でも4回泣いてしまうシーンがある。
  • 『ゴッド ファーザー』全パート
    愛・家族を守ろうと思うのに、危険におとしめてしまう悲しい人生。哀愁と悲哀と、、、これは愛の物語ですよね。
  • 『ザ サウンド オブ ミュージック』
    家族で最初に見たミュージカル映画。最初にサウンドトラック レコードを自分のお小遣いで買った思い出の映画。

Ken-chan

  • Maturi
    甥のKen-chan

« 宍戸陽子×瀬川香織 サクソフォンコンサート:11月25日 | トップページ | チェーホフ生誕150周年記念 アントン・チェーホフ原作ロシア名画祭ご案内 »

2010年11月28日 (日)

イラン大使館での伝統音楽のコンサート&パーティー 報告

Schedule_1105_2

11月5日、イラン大使館において、伝統音楽のコンサート、大使公邸において交流パーティーを主催しました。

私は司会を担当いたしました。ちきゅう市民クラブ会長、千代鳥さんの挨拶、セイエド・アッバス・アラグチ駐日イラン大使のご挨拶の後、アフランドのコンサートが始まりました。

Rimg1731k_2

ペルシャ時代からの悠久の時の経過を感じながらも、その中にあっても変わらぬ根源的な人間の感情、心の深いところにあるものを切なく、時に激しく表現していました。9曲、みっちり、お楽しみ頂きました。ペルシャ・イランは、詩を大切にしている文化ですが、歌付きの曲では、その歌詞はわかりませんでしたが、曲のタイトルから色々なことを、その声の抑揚や曲想から想像致しました。ほどんどの曲・詩の内容は、愛に関するものでした。

Rimg1758k_2

どの民族でも、どの時代でも、やはり“愛”なんだなーと今更ながら、感じ入ってしまいました。

Rimg1755k_2

Rimg1771k

Rimg1756

Rimg1750

Rimg1754

Rimg1763k

Rimg1775k

Rimg1801k

コンサートに、続いて、イランと日本の交流に関するクイズを行いました。全員参加で、正解した人のみが次のクイズに進めるという方式の勝ち抜き戦です。皆さん優秀なので、用意した質問が終わってもかなりの正解者がおりました。その後、ネタ帳を見ながら、更に出題しました。大使が用意して下さった入賞者へのギフトは3人分。最後まで4人の正解者が残り続けました。時間の関係もあったので、最後は、じゃんけんでキメて頂きました。じゃんけんで負けてしまったSさん、ごめんなさい。。。

Rimg1805k

Rimg1822k

その後、会場を大使公邸に移し、お食事、パーティーです。

お天気も良かったので、芝生の綺麗なお庭もあけて下さいました。

コンサートの出演者も交えて、参加者は、楽しく交流いたしました。

大使も大使夫人、公使他、大使館スタッフの皆さんも最後まで、ご参加頂きました。

公邸であるにも関わらず、お客様が、出演者に熱心に質問をしていたので、気がつくと、夜10:00近くになっていました。流石に、大使に申し訳なく、お開きとさせていただきました。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

« 宍戸陽子×瀬川香織 サクソフォンコンサート:11月25日 | トップページ | チェーホフ生誕150周年記念 アントン・チェーホフ原作ロシア名画祭ご案内 »

音楽」カテゴリの記事

パーティー・レセプション」カテゴリの記事

国際交流・大使館関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 宍戸陽子×瀬川香織 サクソフォンコンサート:11月25日 | トップページ | チェーホフ生誕150周年記念 アントン・チェーホフ原作ロシア名画祭ご案内 »